不動産Q&A(売却編)

ハトマークとウサギマークの違いは?

不動産業を営むには保証協会に入会しないと営業できません。
保証協会は日本に2つ有り、その協会は全国宅地建物取引業保証協会(通称:全宅)ハトマークと全日本不動産保証協会(通称:全日)ウサギマークがあります。保証内容も事業内容も大きな違いはありませんが、会員の数はハトマークの方が圧倒的に多く全国の約80%がハトマークです。(保証協会に入会せず1000万円の供託金を支払って営業する方法)もあるのですが、横の繋がりがないと一匹狼では営業は難しいと思います。

不動産の査定とは、実際にどういうことをするのですか?

審査には大きく分けて「簡易査定」と「現地査定」があります。
「簡易査定」は、不動産の現地確認は行わず、法規制の調査、周辺の売り出し例や作成事例の調査、市場の動向を考慮に入れて、およその査定価格を算出するものです。
「現地査定」は、実際にお家を訪問させて頂き、お部屋の状態、リフォームの必要性などを確認してから、査定価格を出します。日当たりや風通し、騒音等のチェックなど、実際に確認しますので、より精度の高い査定価格になります。
※どちらの査定もコマツ住宅では無料サービスで行っています。

査定をお願いした場合、売らないといけないのでしょうか?

そのようなことは一切ございませんのでご安心ください。売る・売らないはお客様の判断ですので、ご参考にして頂くだけでも結構です。

家に住みながら売却することは可能ですか?

それはもちろん可能です。売却をされるほとんどのお客様は、住みながら売却を進めていらっしゃいます。
この場合、購入希望者がいらっしゃれば、事前にご連絡の上でお住まいをご案内させて頂くことがございますので、その際にはご協力をお願いします。

ご近所に知られたくないのですが、こっそり売ることはできるのでしょうか?

もちろん可能です。
インターネットの広告は、興味のある方が見る媒体ですので、ご近所の方に知られにくいという特徴があります。インターネット広告を重視した販売活動を行う等の、お客様のご事情に合わせた売却活動をいたしますので、ご安心ください。
また、お急ぎの場合には弊社にて「買い取りサービス」も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

売却する時は査定価格で売らないといけないのでしょうか?

必ずしも査定価格である必要はございません。
しかし、お客様にご提示した査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウを元に「この価格なら売れるだろう」と思われる適正価格を算出したものです。査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売りに出される金額は担当者とよく相談して決定されることをおすすめします。

売却した代金は、いつもらえるのでしょうか?

ケースバイケースですが、ご売却代金は、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われることが一般的です。その内容は契約時に売買価格の1割程度、引渡し時に残金を支払われるケースが多く見られます。
ご契約から引渡しまでの期間は、弊社が売主様と買主様の間に入り調整させて頂きます。

物件を販売する際には、どのような広告や販売活動をするのでしょうか?

コマツ住宅が購入希望のお客様へのご紹介、弊社ホームページやポータルサイトでのご紹介、住宅情報誌でのご掲載、近隣地域への新聞折り込みチラシ配布、オープンハウスの開催などのさまざまな販売活動を実施し、よりスピーディに、より条件の良い買主様をお探しします。

売却のための広告費用などは、手数料と別に支払うのですか?

原則的には、お支払い頂く必要はございません。ただし、お客様のご要望により特別な広告を実施する場合等は、実費を負担いただく場合もございます。その際は、あらかじめ担当者からご説明させて頂きますのでご安心ください。

長く住んで家がかなり傷んでいますが、リフォームをする必要があるのでしょうか?

一般的には、リフォームの必要はありません。ただし、リフォームを行い買主様への印象を良くすることで早期の売却が実現することがありますので、担当者と十分にご相談してみてください。

家の買い換えを計画していますが、どんなことに注意すればいいでしょうか?

家の買い換えでは、売却と購入のタイミングを揃えることに気をつけることが重要です。
特に、新築物件を購入する場合、入居までの時間が長くかかりますので、すぐに売却していまうと、仮住まいが必要となり余計な出費が出てしまいますので要注意です。
しかし、逆に入校が近くなってから売却しようとすると、売却に時間が掛かり想定よりも販売価格を下げる必要がでたりすることも考えられます。コマツ住宅では一人一人のお客様に合ったプランをご提案させて頂きますので、お気軽にご相談くださいませ。

不要な家具がありますが、売る時に全部処分しないといけませんか?

不動産を売却する場合には、空家の状態で引渡すことが原則となっています。
つまり、不要品の処分は売主様の負担となります。
家具などの大型不要品の処分方法としては・・・
☆引越し時に引越し業者に引き取ってもらう。
☆リサイクルショップに売却する。
☆粗大ゴミとして処分する。
などの方法があります。
粗大ゴミ等の手配は意外と時間がかかりますので、担当者にお気軽にご相談ください。

売却した場合、確定申告が必要でしょうか?

売却した年の翌年に確定申告する必要があります。
通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要となりますので注意が必要です。コマツ住宅の営業スタッフは不動産に関する専門知識はもとより、税務、法律まで幅広い知識を習得し、あらゆる場面でお客様に十分なコンサルティングをご提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

売却するときどんな費用が必要ですか?また、税金もかかりますか?

売却費用として「仲介手数料」や「所有権移転費用」「抵当権抹消費用」「印紙代」などがかかります。
また、売り主様によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります。

※特別控除が受けられる場合がございます。

不動産の売却にかかるさまざまな諸費用や税金。売買金額から諸費用を引いた額が手取金となりますので、計画的なご売却のためには、事前にしっかり担当者と確認してください。

会社案内

コマツ住宅

高知県高知市福井扇町3-13

メールフォームはこちら

宅建免許番号:高知県知事(8)1713号

忙しいと、時も短く感じますね。今年も後数日で終わります。早いですね~・・
今年も慌ただしく1年が終わりそうな気がします。
景気は昨年よりも少し良くなったと思います。建て売り住宅より、注文建築が多くなったように感じます。売れ残っていた中古住宅も問い合わせが多くなりましたので、一昨年よりも今年、今年より来年の方が徐々に景気も上向きに感じます。車の新車販売台数も増えて、車を買うのに半年待ちは当たり前になりましたものね。買われる方も動き出した今がチャンスのような気がします。広告してない物件も沢山ありますのでお問い合わせくださいませ。今は買い!だと思います。
  • 賃貸オーナー様
  • 何でも無料相談教室
  • 不動産Q&A(売却編)
  • 不動産Q&A(購入編)
  • 不動産Q&A(賃貸編)
住宅ローン計算住宅保証機構 四国ろうきん 四国ろうきん住宅ローン
年齢早見表
月齢カレンダー
潮のカレンダー
高知市の校区